タイピングの効率化について考える

さて、一つ確かなことは、色々とキーボードの設定を変更したので、頭の中での処理が追いついていないということ。
色々変更しすぎたと反省しています。
でも、それも結局は、少しでもタイピングの効率化を図るためにやってきたことなので、全て無駄とは言えないと思うんです。
結局のところ、タイピングを上達するのには習熟度みたいのも大事なのは大事なんですけど、こうして、少しでも効率化を図ることも必要不可欠だと思うんです。
だからこそ、世の中にはタイピングの最適化っていう言葉もあるんですよね。
そのくらい、打ちやすい状態、環境を作ることはタイピングの効率化には必要不可欠です。
あなたはそうした創意工夫、どれくらいの頻度でできていますか?