乾燥肌を予防するためのスキンケア方法

乾燥肌対策のスキンケアといえば、真っ先に連想するのが、化粧水や乳液をつけて、お肌の保湿力を高めることではないでしょうか。市販のスキンケア化粧品を使ってお肌のお手入れをすることか以外にも、乾燥肌に対してできることがあります。顔の洗い方は、肌ケアの成果を大きく左右します。洗顔のやり方を変えたことで、乾燥肌がよくなることがあります。洗顔で大事なことは、お肌を傷める洗い方を決してしないということです。肌を休息させる前には、1日の汚れを洗い流し、肌を変に刺激するものがない状態で、皮膚の自己修復機能をしっかりと働かせます。濃い目のメイクを施した時だけ、洗い上げる力が強いクレンジング剤を使い、頬や額は洗いすぎないようにします。クレンジングケア及び洗顔ケアでは、毛穴の中に残っている汚れまで取り除くことが大事ですが、洗う力が強すぎる洗顔債は肌への負担になります。洗顔剤や、石鹸をよく泡立てて、きめ細かな泡を作ります。顔の上に泡を塗り伸ばしていき、泡を顔の上で転がすようにして洗顔をすることで、優しく洗顔ができます。こびりついた汚れを念入りに落とすという時でなければ、石鹸は使わないようにしたほうがいいようです。水温30度に満たないくらいのぬるい湯で、優しく顔をすすぐようにします。ぬるめの風呂の湯は38℃くらいですが、それよりもさらにぬるい湯で顔を洗うようにしてください。顔を洗い終わった時は、お肌に残った水分を洗顔タオルで吸い取らせます。この時、タオルで顔をこすらないように注意しましょう。適切なスキンケアを続ければ、乾燥肌だった人でも、だんだんとお肌の状態が改善していきます。