必須科目になった小学校の英語の効果は?

社会の急速なグローバル化の発展により、英語力の充実は重要な問題と国は考え、2020年に小学校での英語教育の必修化を実施しました。5・6年生で実施していた「外国語活動(聞く話すことを通じて外国語でのコミュニケーション能力の基礎を学ぶ)」を3・4年生に前倒しし、週に1時間、年間35時間実施されます。
中学で正式教科としていましたが、5・6年生へ前倒しし、読み書きを学びコミュニケーションを図る基礎を育成するために週2時間、年間70時間実施されます。小学校で話す・聞くことが中心だった英語が、中学校で急に読み書きが入ってきて戸惑い、英語に苦手意識を持ってしまうことがありました。小学校のうちに段階的に英語に触れ、中学校での英語授業を受け入れしやすくする効果が期待できます。
英語学習の開始は、低年齢であるほどよいとされています。言語学習には9~10歳に限界期がくると言われていて、この限界期を超えるとスムーズに言語を吸収できなくなると言わています。心理的な壁を感じにくく、初めての英語に慣れるのも早いという利点があります。
英語は特有の発音ですので、それを聞き分ける「英語耳」を身に着けるためにも早い教育開始の環境が必要となります。好奇心旺盛な時期に始めることですんなりと英語に馴染むことができ、ゲーム感覚で英語をスポンジのように吸収していくので効率的な学習効果が期待できます。
外国語に興味を持つ、学ぼうと思うきっかけをつくる、など義務教育だからこそ年齢が上がり消極性がでやすくなる前に平等に英語に触れる機会があるのはよいタイミングだと考えられます。指導者や学習時間の確保が懸念されていますが、英語好きな子供が増えるよいきっかけになるでしょう。