結婚相談所での婚活について

私は、某企業で会社員として働いていたときに大手の結婚相談所に登録し、婚活をしていたことがあります。
その相談所は私が働いていた企業と提携していたため、一般の人が使うよりも少しだけ安く利用することができました。
最初に会員として相談所に登録する際にかなり厳格な身元審査があり、役場が発行する独身証明書や戸籍関連の書類の提出を求められました。
登録していよいよ婚活が始まると、あらかじめ希望条件として設定した年収・居住地域・趣味などとマッチする女性のデータが会員用サイトに定期的にアップデートされます。
面倒くさいのは、会員サイトでは相手の顔が見られず、顔を見るために相談所の事務所に出向かなければならなかったことです。
会ってみたい女性がいれば、サイト上でその旨を登録し、お相手の女性がOKを出せば互いの連絡先を交換できるようになり、そこでようやく会うことができます。
ですので、多くの結婚相談所が宣伝しているような、「気軽にすぐ異性に会える」という感じではなかったです。
その分、実際に会うと将来に向けた真剣な話をすることが多かったです。
結論から言うと、私はこの結婚相談所で割と必死で婚活し、20人ぐらいの女性とお会いしましたが、どの方ともうまくいきませんでした。
大体出会ってから別れるまでのパターンは同じで、最初会ったときは近くのカフェでお茶をしながら互いの自己紹介や趣味の話などをし、その次に会うときは映画やコンサートに行って遊ぶのですが、その後が続かず別れるというパターンでした。
その件以来、女性とお付き合いすることはなくなりましたが、良い経験ができたと思っています。
使っていた結婚相談所はこちら